姿勢調整トレーニング MOGメソッド

老化を定義せよ!まずは硬化!固まることが老化である!

こんにちは。

 

『老化の原因、糖化と硬化に向き合う』

をテーマに活動している

 

 

MOGメソッドトレーナーの島田智史です。

 

 

プロフィールはこちら

 

 

さて、小学5~6年生の時に

まるで漫画で見るように

 

 

水の入ったバケツを持たせれて

廊下に立たされていた私ですので

 

 

廊下って言葉嫌いです。。。

 

 

あ、間違えました。

 

 

今日は”老化”の話でした。

 

 

老化の定義はいろいろあるけど、

栄養学、生理学で言われるのは

 

 

糖化と硬化。

 

 

糖化とは、、、

ざっくり言えば

 

 

細胞が必要以上の糖質に満たされて

病気になっちゃうこと。

 

 

これはまた今度、詳しく書くとして・・・

 

 

今日は『硬化』の話。

 

 

良く年を取ってくると

『頑固おやじ』

 

 

みたいな言われ方しますよね?

 

 

そう。石みたいに考え方が

カチコチになっちゃう。

 

これが硬化。

 

 

でもその『考え方』って、

目には見えないから、わかりずらい。。。

 

 

でも、身体の硬さは目に見えて簡単にわかる!

 

 

ここでいう『硬さ』というのは

別に開脚前屈ができるとかできないとか

 

 

そー言ったことではありません。

 

そりゃあ関節の可動域は

どんどん上げていけばいいとおもいますよ。

 

 

ここでいう『硬化』は

”しなやかに動けない”

 

という事。

 

 

あくまで”動き”のなかでのはなし。

 

 

前屈が何cmいったとかは

どうでもいいのです。

 

 

それはさておき、

じゃあどうすれば

 

 

『動きがしなやかになるの?』

 

って話ですよね?

 

 

それはね、、、

 

 

『連動していれば動きはしなやかになる』

 

 

のです。

 

連動を説明するのは非常に時間がかかるから

割愛しますが、

 

 

簡単に言うと

 

 

流れているか、流れていないか

 

 

だけの話。

 

 

神経に電流が”淀みなく”流れているか?

 

 

神経は脳と繋がっているから

身体の神経を淀みなく連動させることができれば

 

 

『頑固おやじ』の脳も、

少しはほぐれるかな?(笑)

 

 

そんな”連動”を知りたい方の体験はこちら↓

姿勢調整トレーニング MOGメソッド

 

 


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

トレーニングの詳細や最新情報については

LINE@で先行して配信しています♪

ご登録はこちら↓

友だち追加

 

 

▼QRコードはこちら▼

@xcs8712w