姿勢調整トレーニング MOGメソッド

「開脚できないんです」と言って、脚を開く練習ばかりでは開脚はできません。

こんにちは。

「開脚ができるように自分もなる!」

と、研究を続けている

 

MOGメソッドトレーナーの島田智史です。

 

 

プロフィールはこちら

 

肩が痛いから肩を回す、

腰が痛いから腰をもむ、

開脚できないから開脚ストレッチをする・・・

 

 

それで良くなるんだったら、

こんなに大勢の人が困ってなくないですか?

 

 

私、もちろん180°も開脚できませんが

着実に開くようになっております。

 

 

でもそれは、決して開脚ストレッチをしたからでは

ありません。

 

 

股関節は足の骨(大腿骨)と

腰の骨(寛骨)で出来ています。

 

 

その腰の骨は背骨と繋がっています。

 

 

んなら、その背骨が動かなければ

腰の骨が動かないから

 

 

股関節が動くわけありません。

 

 

と言葉に直すと当然のこと。

 

 

そー考えると、開脚したいのに

背骨を柔らかくしようとしない理由が分からない。

 

 

ちなみに背骨が柔らかくなってくると

肩甲骨も動いてきます。

 

 

いや、それらがほぼ同時に動いてきます。

 

 

人は、自分で意識できることしか

やりません。

 

 

開脚は”伸びてる感”があるから

やるけど

 

 

”背骨を感じる”感覚がない人は

背骨を動かそう!とはなりません。

 

 

それはわかります。

 

 

だからまずは”背骨を感じる”ことを

優先してほしい!!!

 

 

「じゃあどーやるの?」

 

 

そーですね~

 

 

まずは背骨を押してもらうのも

一つの手ですね^^

 

 

背骨の感じ方を知りたい人は

LINE@で近日公開!

 


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

トレーニングの詳細や最新情報については

LINE@で先行して配信しています♪

ご登録はこちら↓

友だち追加

 

 

▼QRコードはこちら▼

@xcs8712w