姿勢調整トレーニング MOGメソッド

トレーニングがなぜ能力開発になるのか?

日本人の姿勢を肚から整え、

能力を開花させる、

 

MOG姿勢美トレーナーの島田智史です。

 

 

プロフィールはこちら

 

最近何人かのお客様に

 

 

「島田さんのトレーニングって

ある意味能力開発ですよね?」

 

って言われます。

 

能力開発って、いろいろな解釈があるけど

 

 

用は自分の中にあるけど

自分が気づいてない能力を

 

気づかせて

 

 

それを使えるようにしてあげる

 

 

という側面があるんだと思います。

 

 

MOGトレーニングの、

やっていることは全く同じこと。

 

 

自分の身体の筋繊維で、

 

そこに筋肉はあるんだけども

神経が伝達してないから

 

 

そこの神経を伝達しましょうよ。

 

 

ただ、神経が伝達してないから

意識になくて、

 

 

意識にない

 

ということは

 

無い

 

 

と同じだから

 

「いや、実はあるよ」

 

って、誘導していって

「ある」ってことに気づくだけなんです。

 

気づいてしまえば

後は自分で勝手にその筋繊維を

 

 

使い始めるから

 

 

勝手に身体が調整されちゃう。

 

最も重要な気づきは

 

 

「”ある”ということを知ること」

 

 

だって、もともと”神経”という

物質的なものがそこにすでにあるから

 

後はそこに電気を通すだけですよね?

 

トレーニングによって、神経が作られるわけではない。

 

ほら、すでにあるじゃないですかぁ~(笑)

 

そこが能力開発とリンクするだけ

のような気がします。

 

貴方の身体のどこの部分が使い過ぎで

どこの部分が使われていないのか・・・

 

 

先ずは体験セッションへ!↓

姿勢調整トレーニング MOGメソッド