姿勢調整トレーニング MOGメソッド

ダンスやバレエなどで言われる”肋骨締め”。だから身体がおかしくなる

こんにちは。

 

脱力伝道師、MOG姿勢美トレーナーの

島田智史です^^

 

本日、バレエのお客様と、”肋骨”につて

お話をしていました。

 

 

さて、バレエやダンスをしている方は

良く言われることかもしれませんが、

 

 

「肋骨を絞めろ」

 

という言葉。。。

 

 

これがあなたの首を絞めている、

という事にお気づきだろうか?

 

肋骨を閉めようとするばっかりに

鳩尾(みぞおち)に力を込めて

 

あたかも肋骨が

 

 

「ギュ~」

 

 

ってなったように感じる。。。

 

 

これ、単なる力みです。

 

力むと背骨が硬くなるから

脚が上がらなくなってきます。

(このへんのお話はまた後日)

 

でも、どんな舞でも、スポーツでも

確かに肋骨が開いていると

 

 

パフォーマンスが下がります。

 

 

ではどうするか?

 

先ず、大大大前提として、

 

 

「お腹の引き上げ」

 

は必須です。

 

その上で、肩甲骨を

しっかり動かして

 

 

主に

 

”前鋸筋”(ぜんきょきん)

(左右肋骨の外側から肩甲骨の内側に

ついている筋肉)

 

が使えるような身体造りをします。

 

そうすると

自然と肋骨は絞まってきます。

 

 

そう。

 

 

肋骨は

 

 

絞めるものではなく

”絞まるもの”!

 

 

身体は”何かしよう!!!”

と思った時点で必ず力む!!!

 

貴方の身体、

諦めないで!(真矢さん風に(古 (笑)