姿勢調整トレーニング MOGメソッド

『食べて痩せる』の種明かしはこれだ!

普段使わない頭を使うと、

リアルに震えてくる

 

MOGメソッド姿勢美トレーナーの

島田智史です。

 

 

プロフィールはこちら

 

 

良く、『食べて痩せる』という広告を

目にしませんか?

 

 

しっかり食べて、それでも痩せていく

食事方法。みたいなやつです。

 

 

本日はそれの種明かしをします。

 

 

まずはみなさん、これは嘘か本当か?

 

 

 

それを知りたいのではないでしょうか?

 

その答えは・・・

 

 

本当です。

 

 

皆様の『食べる』がどの程度かにもよりますが、

ある程度の満腹感を得るまで食べても

 

 

太らずに済む方法があります。

 

 

良く女性の基礎代謝の平均が1200kcal

だから、それぐらいに合わせておけば

痩せていく、と言いますが、

 

 

正直、注目するところさえ合っていれば、

カロリー計算はさほど関係ありません。

 

 

では何に注目しておけばいいのでしょうか?

 

 

ズバリ『血糖値』です。

 

 

例えば白米1膳分が230kcalだとします。

 

 

『簡単、カロリー計算』で調べると

 

春キャベツ1個が約230kcalです。

 

 

春キャベツ、まるまる一個食べれるかどうかは

おいておき、

 

 

同じ230kcalなのに、

 

 

白米だと太って、春キャベツなら太らない。

 

 

なんで?

 

 

なぜならそれは、

『血糖値が高下しないから』

 

 

です。

 

全くしないわけではないけど、

その変化はゆるやかです。

 

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

 

 

それは、人間の消化吸収システムに

ヒントがあります。

 

 

そもそも米などの炭水化物は

糖分なので体内から排泄されません。

 

 

病院でおしっこから糖がでたら・・・

 

 

『糖尿病』を疑われません?

 

 

そうなんです。糖分はほぼ100%

吸収されます。

 

 

そして、エネルギーとして使われなかった

糖分の貯蔵は、いくつかの臓器に蓄えられますが

 

 

その大部分が”脂肪”に蓄えられます。

 

 

だから脂肪がなくならない。

 

 

逆に、血糖値の変化を起こさせない

エネルギーを脂肪分から得る

脂肪が減る

 

 

という本来身体がもっている機能を

使えば、

 

脂肪は勝手に減っていきます。

 

 

ちなみにですが・・・

 

 

タンパク質や脂質を食べても

直接血糖値は上がらない

 

 

という学術的論拠もあるそうです。

 

 

ですので、誤解を恐れず分かりやすく

説明すると

 

 

炭水化物を含めた『糖分』を調整して

血糖値をコントロールしてしまえば、

 

 

『食べて痩せる』

 

が実現可能となるのです。

 

 

ここがわかったら次に

『それでも初心者にはカロリー計算

が役に立つ!姿勢美×減量法』

 

をお送りします。

 

たった10週間!若返り”くびれ美人”集中プログラム

今すぐ登録して特典をゲットしてください!
こちら登録後、LINE@登録で
 

『二の腕プルプル撃退動画3本』↓↓
登録はこちらクリック(1月20日まで)