姿勢調整トレーニング MOGメソッド

そこには絶対的な何かが存在する。求めてる何かが、、、

 

どこでもいつでもいつまでも寝れる、

と言うのが、意外と特技だと気づいた

島田智史です笑

 

 

さて、今回は肚について。

一応確認までに、、、

 

 

肚(はら)って読みます。

 

 

肚とは腹。

 

 

腹筋と勘違いされそうだが、

腹筋は腹の筋肉。

 

 

肚とは、筋肉しかり、内臓しかり

物質を超えた感覚しかり

エネルギーの集合体しかり、、、

 

 

それは日本人が先祖代々、とつとつと

繋ぎとめてきた文化。

 

 

ギリシャを境に東の文化。

 

インドでは7つのチャクラ。

 

 

中国では3つの丹田。

 

 

そして極東日本において

 

 

丹田

 

 

として、最終的な終着地点とした

身体の中心、宇宙の中心。

 

 

肚を練れば全てが変わる。

鍛錬、これすなわち丹錬のごとし。

 

 

中心が定まれば安定し、安定できれば

安心し、安心高まれば余裕が生まれ

 

 

余裕があれば愛に気づく。

 

 

そう。人間の根源をトレーニングによって

導き出す。

 

 

不必要なもの全てを除外し、

そこにある事に気付き

 

 

その扱い方を修得する方法。

 

 

それが武道。

 

 

って、言ってみたけど、武道、

やった事ないです^ ^

 

 

でも、別に武道じゃ無くても、

どんな動作にだって丹田は

 

 

必要不可欠だし、もっと大きな意味で

丹田を練る事は

 

いい事しか無い。

 

 

日本人で育つと、丹田って言葉、

本当によく聞く。

 

 

どこでもかしこでも。

 

 

それぐらい重要なのに、本気で、

真剣にそれを人生に取り組んでいる人口は

 

 

それほど多くない。

 

 

難しそうだからだろうか?

古臭そうからだろうか?

 

 

時代が変わり、手法、思考が

どんなに変化しても

 

 

やはり変化しない何かがそこにはある。

 

 

難しくもなければ、古臭くも無い。

 

 

そして誰もが持っているもの。

 

 

それにただただ気づいて欲しい。

 

 

そして丹田に気づいたあなたは

無限に溢れるエネルギーと

 

 

決して折れない力強さを得ることが

出来る。精神的にも、身体的にも。

 

そんな事を考える、平日の昼下がり、、、^ ^