姿勢調整トレーニング MOGメソッド

『老い』と聞くとおばあちゃん、おじいちゃん的なイメージがあるけど、20代後半から既に始まっています。

 

 

パソコンを使うのが、ようやく楽しく

なってきた島田智史(しまださとし)です。

 

 

 

アンチエイジング、若返りなどの言葉が

横行してますが、

 

 

 

あなたにとって『老い』とは、まだまだ

遠い、ぼんやりしたものに

感じたりしていませんか?

 

 

 

『老い』の定義はいろいろあって、

そして『老い』が

 

 

決して悪いわけでは全く、むしろ

私なんかは

 

 

肯定的に受け取ってる方ですが、、、

 

 

代謝の高下でいうと、20代後半にも

なると代謝は落ちてきてます。

 

 

これを『老い』と定義すると・・・

 

 

 

身体づくりは、本来は20代から既に

やっておかないと

 

 

健康寿命にかなり影響してくる。

 

 

そしてそれが顕著に出るのが足腰。

 

 

まあ・・・よく言われていることですよね?

 

 

さて、そう聞いて皆さん、

『じゃあ脚をきたえよ~』

ってなるじゃないですか?

 

 

ちょっと待ったーーー!!!

 

 

”脚”

 

 

ってどこの事ですか?

 

 

腿?ふくらはぎ?お尻?足の裏???

 

 

”脚”の中でも、主にどこの部分が衰えると

俗にいう『老い』が早まるのでしょうか??

 

 

・・・・

・・・・

・・・・

 

 

答えは

 

 

”裏腿”

 

 

です。俗にいう”ハム(ハムストリング)”という部分です。

 

 

脚を鍛えるときはまずはハムから!

腿の裏側をきたえましょ~^^

 

 

腿裏を鍛えることによる効果は

絶大です。

 

 

・腰痛改善

・肩こり改善

・姿勢の改善

・下腹の引き締め

・ふくらはぎの血流の向上

・膝痛の改善

などなど・・・

 

良いことしかない。。。。。

まずは前屈から!!!