姿勢調整トレーニング MOGメソッド

「私は間違っている」が簡単に納得できる話

 

私がたまに勉強させて頂いてる

ビジネススクールのマスタートレーナーが

 

 

毎回セミナー前に発する

 

 

「自分は間違っている、と言う前提で

学べば、どんどん成長できる」

 

と言う言葉を、

 

 

「あ。自分は間違っているんだ。」

 

 

と、素直に受け入れらたのは

私自身が、自分の身体で体験してるから。

 

 

私のトレーニングの肝中(きもちゅう)

の肝。

 

 

『真っ直ぐ立つ』

 

 

少し考えてみて下さい。

 

 

いや、もしかしたら考えるまでも

無いかもしれません。

 

 

もしあなたが平らな地面に立って

両腕を水平に上げたとして

 

 

でももし

 

 

そもそものあなたの軸が曲がっていたら

 

 

その両腕は、地面に対して水平でしょうか?

 

 

どんな動作を、どんなに正しく行っても

 

 

動作をする前の時点で曲がっていれば

結果は曲がってきます。

 

約10ヶ月、トレーニングを

続けて下さっているお客様。

 

1週間〜2週間に1回のペースで

コツコツ頑張ってこられて、

 

 

ここまで真っ直ぐになる事が出来ました。

 

 

ここでの問題は、

 

「真っ直ぐ立ってなかった」

 

と言うことでは無いんです。

 

 

「真っ直ぐ立っていると思い込んでいる」

 

 

と言うことなんです!

 

 

自分は少し歪んでいる、と知れば

直せば良いだけの事なのですが

 

 

自分は歪んでいない

 

 

と思っていたら、直そうとしません。

歪んだまま。。。

 

 

だからどんなに

シェープアップに励もうが、

 

 

ダンスの練習に励もうが、

 

 

ゴルフの練習をしたって、、、

 

 

どうしても結果がズレてきます。

 

 

凄く簡単な道理なのですが、

これまた言うのは簡単。

 

 

実際気づくのは、本当に難しいですよね♪

 

 

1つづつ、コツコツ気づいていきたいと

思います( ͡° ͜ʖ ͡°)