姿勢調整トレーニング MOGメソッド

上半身が突っ込まない為のたった1つのこと

 

ゴルフスイング、野球スイングなどで、

こんな悩みはありませんか?

 

 

上体が突っ込んで上手くボールに当たらない

 

要するに、どんなにタメようと思っても

最後はどうしても上体が先にいってしまう。

 

 

 

そしてそれを見てコーチは

 

 

「手で振るな!腰で打て!」

 

 

って言いませんか??

 

 

僕には理解出来ませんでした。

手で振るな、と言われても手〜使うし〜

手〜使わないと力入らないし〜

とか思っていました。

 

 

この感覚を得るまではっ!!

 

 

良く「脱力」に関しての時にお伝えしますが

「どこどこのチカラを抜く」と言うのは

本当に難しいのです。

 

 

では、どーするかと言うと、、、

 

 

他の部分を意識させる

 

 

のです。

 

 

膝のチカラを抜きたければお尻、とか、

肩のチカラを抜きたければお腹、とか、、

 

 

別の場所を意識させれば、チカラが抜けて

欲しい部分のチカラが抜けやすくなります。

 

 

そして、腕や手にチカラが入って

上体が先に突っ込んでしまうのだから

 

 

他の場所を意識して、手や腕を使わせない

ようにする。

 

 

その他の場所とは、、、

 

 

脊柱起立筋

 

 

です。

 

 

 

背骨の両サイドに連なっている筋群ですね。

 

 

右打ちなら特に右側、左打ちなら

(どちらも打つ方向ではない、後ろ側

にある方)

特に左側をもしピンポイントで意識できれば

 

 

腕や手のチカラが抜けて、突っ込まなく

なるでしょう。

 

 

 

この筋肉は誰にでもある筋肉なので

あとはそこを感じる事が出来る神経を

育てるだけなのです。

 

 

その感覚をどーにかこーにか伝えたい!!