姿勢調整トレーニング MOGメソッド

タンパク質はいつ摂れば一番効率がいいのか?

 

背中の姿勢が変われば人生が変わる

neo sports 体幹トレーナーの

島田智史です。

 

突然ですが、皆さん、

アウトデラックスって

番組、知ってますか?

 

 

ナイナイやべっちと

マツコさんが司会している

フジテレビほぼ深夜枠の番組です。

 

 

その番組のレギュラーである

ボディービルダー

横川尚隆さん(26歳)。

 

 

経歴はざっとこんな感じです。

(wikiペディアより)

2017年「JBBF 東京ボディビル選手権」優勝

 

2017年「JBBF 日本ボディビル選手権」6位

 

2018年「JBBF 日本ボディビル選手権」2位

 

2019年「JBBF 日本ボディビル選手権」優勝

 

 

ちょっと天然な彼ですが

すんごい身体で

 

ここまでの努力に対して

すごい尊敬しております。

 

 

そんな彼のアウトな話に

こんなものがあります。

 

 

筋肉が優先順位になったばっかりに

前の彼女と別れ話になったそうです。

 

 

もちろん彼女の言い分としては

 

 

『筋肉ばっかりではなく

もっと私をみて欲しい』

 

 

ということでした。

 

 

喧嘩中なので、彼女も相当怒っていて

口調も荒くなっている最中、

 

ついに我慢できずに

いってしまったそうです。

 

 

『プロテインを飲む時間なので

飲んでもいいですか?』

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

もちろんビンタを喰らった

らしいのですが

 

 

はっきり言って、このレベルの

ビルダーさんなら

 

 

普段から十分にタンパク質は

摂取しているはずです。

 

 

それなのに、彼女との

別れ話の最中にまで

 

 

プロテインを飲まなきゃいけない

タイミングって、

 

 

一体なんなのでしょうか?

 

横川さんがそこまでこだわるには

こんな理由があるのです。

 

 

タンパク質が足りないと筋肉が小さくなる?

(注:本文はタンパク質=アミノ酸として

分かりやすく書いてありますが

厳密には、アミノ酸がたくさん

くっついたものがタンパク質)

 

筋肉を増やすために

運動をしているのに

 

 

実は体内のタンパク質が

不足していて

 

運動すればするほど

筋肉が減っていってしまう、、、

 

 

という現象が起きていたら

恐怖ですよね?

 

 

 

でも、、、

 

 

 

それが実際に起こるから

怖いのです。

 

 

そんなことが起こらなければ、

まさか彼女との別れ話中に

”プロテインを飲ませてくれ”

 

 

とは言わないですよね?

 

 

まあ、トップビルダーの話ですから

話5分の1ぐらいで聞いたとして

 

 

それでも血中にタンパク質が

不足している状態で

 

運動すると

 

次のようなことが起きます。

 

 

筋肉は分解と合成を繰り返している

 

『新陳代謝』という言葉を

思いっきり意訳してしまえば

 

 

”分解と合成”

 

 

これに尽きると思います。

 

 

そしてこれは、身体中で

毎秒起きてます。

 

 

もちろん筋肉も例外ではありません。

 

 

トレーニング中に既に筋肉の

分解と合成が起こってきます。

 

 

例えば大胸筋を鍛えるために

腕立て伏せをやっていると

 

 

胸の筋肉では既に合成が

始まっています。

 

 

しかし、筋肉を作るには

その材料である

 

 

タンパク質

 

 

が必要となってきます。

(中でもBCAAに含まれる

バリン、ロイシン、イソロイシン)

 

 

しかし、もし血中にこの

栄養素がなかったら

 

 

どうなるでしょう?

 

 

その場合は、タンパク質の倉庫

である、

 

”筋肉”を分解して

 

必要なタンパク質を

血中に送ります。

 

これが”分解”です。

 

 

この”分解”が、筋肉量を

減らすことになります。

 

 

なので、特に筋肉量が多い人にとっては

それを保つために

 

常に血液中のアミノ酸濃度を

保っておかなければならないのです。

 

これが冒頭でお話しした横川くんの

コメント

 

 

”プロテイン飲んでもいいですか?”

 

 

の話につながります。

 

 

ちなみに、別れ話が長すぎて

前の食事から3時間経過したため

 

 

プロテインが必要となったらしいです。

 

 

プロテインを飲むタイミングは?

 

そう言った理由ですので、

もしあなたがプロテインパウダーで

 

 

タンパク質を摂ろうと思っていたら

 

 

まず最初にすすめするのは

運動前、ということになります。

 

 

プロテインパウダーの種類にも

よりますが

 

一番馴染みのある

ホエイプロテインを

摂取するのでしたら

 

 

運動約1時間前に飲むことを

おすすめします。

 

 

粉状でプロテインを摂取した場合、

血中アミノ酸濃度がピークに

達するのが

 

 

摂取後やく1時間と言われているからです。

 

 

そして摂取する量ですが、

もしあなたがハードなトレーニング

実施者じゃないのなら

 

 

20gぐらいから始めるのが

いいと思います。

 

 

 

本音を言わせて貰えば、

1時間弱走る程度なら

 

 

普段の食事で補うのが一番ですので、

本当はプロテインパウダーは

 

必要ないかもしれません。

タンパク質の必要量はこちら

 

ただ、何かしらの目的で

あまりカロリーを摂取できない場合、

 

 

プロテインパウダーに頼るのも

一つだと思います。

 

 

先ほど

 

”血液中のアミノ酸濃度を

保つことが必要”

 

と話しましたが、

 

 

1日のうちで、アミノ酸濃度が

一番枯渇しているのが

 

 

です。

 

 

7時間ぐらい寝ている間は

タンパク質が摂取できないからです。

 

 

なので、朝起きて、朝食の時間までに

1時間以上かかるのであれば

 

 

本当は朝一でプロテインパウダーを

飲むことをお勧めします。

 

 

そしてしっかり食事を摂って

2〜3時間後に走りにいく。

 

 

このようなサイクルが

軽い運動をする方には

 

 

いいとお思います。

 

この内容はあくまで

『1週間に2〜4日、

約1時間ぐらい走るよ〜』

 

 

と言った程度の運動強度の

方に向けたお話しでした。

 

 

また機会があったら

今度は

 

 

ハードにトレーニング

している方向けに

 

タンパク質について

書こうと思います。