姿勢調整トレーニング MOGメソッド

(右利き)左の肩甲骨の使い方がおかしいとフォアはうまく打てません。

こんにちは。

 

 

NEoスポーツ体幹トレーナーの島田智史です。

 

 

最近、某大学のテニス部ヘッドコーチから

『フォアハンドで、うまく力の乗った球が打てない』

 

 

という相談を受けました。

 

 

 

バックハンドはめちゃくちゃ力強く打てるのに

フォアハンドの力が抜ける。

 

 

こんな方はかなり多いのではないでしょうか?

 

 

動画も送られてきたので、

 

 

 

私はこのような返信をしました。↓

 

 

 

『動画を最初に見て、いの一番に気になったのが

肩甲骨の動きです。

動き、というよりは抜け感、といった感じですかね・・・

左肩甲骨があまり使われていないのではないでしょうか?』

 

 

私が動画で見る限り、左の肩甲骨を”後ろに引いて”

使っているように見えました。

 

 

身体が開いてしまう方向です。

 

 

スイング系の動作なら、それが野球でも、

卓球でも、テニスでも

 

 

肩甲骨を寄せて使う動き、というのは

存在しません。

 

 

これは身体を扱う上での、基本となります。

 

 

なのでこのような動きは、スポーツ動作で

存在しないのです。↓

 

 

このように、肩甲骨を背骨に寄せる動きは

完全に広背筋を使えなくさせます。

 

 

広い背中の筋肉と書いて広背筋。

 

 

背中の中で、一番大きな筋肉を使わずして、

どうやってパワーを出すのでしょうか?

 

 

このヘッドコーチに、肩甲骨の正しい使い方を

アドバイスしたところ、すぐに修正されて来ました。

 

 

 

 

 

 

ビフォーアフターを比べれば一目瞭然。

 

 

 

(左の写真)左の肩甲骨が開いてないのが分かりますね?

 

 

具体的には、スイング時に、左肩甲骨を引くのではなく、

バックスイングの時からスイングが終わるまで

 

 

左肩甲骨(もちろん右もですが)を下げておく。

 

 

身体の感覚で言うと、脇のあたりが”グッ”っと

感じてる状態、とでも言うのでしょうか?

 

 

それが抜けないように打つ、です。

 

 

これによってこのヘッドコーチの方から

こんなメッセージが届きました。

 

 

『ボールの飛び、リラックス感、力の伝わり方が全然違う。

アドバイスをもらった左肩甲骨を伸ばすと、全てが連動して

いい感じです。』

 

 

もともとはプロ選手として活躍していた方なので、

修正も速いし上手い。

 

 

ただ僕が本当に嬉しかったのは、

↑のラインやり取りの最後の方、

 

 

『大学生でうまくフォア打てない子も急に

バシバシ打てるようになった』

 

 

という言葉です。

 

 

もちろん個人個人で、うまく使えてない身体の部位は

違うと思いますが、

 

 

多数の選手がこの部分でつまづいているのでは

ないでしょうか?

 

どの競技のYouTubeを見ていても、練習生が

様々な競技の中で、プロに教わってるのに

 

 

どうしても上手くいかない大きな理由の一つが

”肩甲骨の使い方”です。

 

 

ぜひこれを皆さんに知ってほしい!

 

ご自身の競技で悩まれている方へ。

動画と共に詳しい詳細を送っていただれば

お力にならえると思いますので、

 

LINE@から、ぜひご質問下さいね^^

 

NEoスポーツ体幹メソッド

トレーナー

島田 智史

————————————-
ライン@では身体の調整方法の

詳細をお伝えしてます^^

是非ご登録、よろしくお願いします^^

友だち追加