姿勢調整トレーニング MOGメソッド

右打者が右方向にファールを打つ練習。やればやるほどバッティングが悪くなるわけ

 

 

こんにちは。

 

 

NEoスポーツ体幹トレーナーの島田智史です。

 

 

前回に引き続き、

野球のバッティングに関しての記事です。

 

 

野球指導者の皆さん。

 

 

YouTubeでこのような動画を

見た事はないでしょうか?

 

 

右バッターだとして、

正面からきたボールを

 

 

ほぼ真横のファールに打ち返す練習。

 

 

もしくは、トスとかで、

 

 

真横から投げて、それを

流し打ちする練習。

 

 

過去を遡ると、落合選手、井端選手など

動画でも見れますね?

 

 

というか、こんな練習、昔っから

みんなやっている。

 

 

僕も意味もわからずやらされていました。

 

 

理由を聞けば、

 

 

『身体が開かないようにする練習』

 

 

いま考えれば、『身体が開かない』の

定義がよくわかってなかった。

 

 

だから肩を回さないように打てば

オッケー、みたいな感じだったけど

 

 

本当は全く違う。

 

 

これ、やればやるほど下手に

なる可能性があります。

 

 

先日も取り上げた読売ジャイアンツチャンネルで

説明してみましょう。

 

 

阿部二軍監督が山瀬選手に対し、

 

 

肩が出ないように、マシーンの球を

右横にはじき返すように指示を出し、

 

 

お手本を見せています。

 

 

そのとらえる瞬間の写真がこちら。

 

 

(分かりやすく写真を反転してます)

 

 

完璧な体制ですね。

 

 

次に山瀬選手が行ったのがこちら。

 

 

 

 

いろいろ相違点がありますが

一番の相違点はどこでしょう。

 

 

大概の方はこういうふうに指摘するでしょう。

 

 

『(山瀬選手の方が)右肩が下がってる』

『(山瀬選手の方が)バットが下から出てる』

『捻転差が山瀬選手の方が少ない』

『腰が回ってない』

 

 

そのどれも間違えではないのですが

やはり一番重要なところは

 

 

そこでは無いでしょう。

 

 

一番重要で、最初に改善しなければいけない

相違点は、ずばりこちらです。

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

 

 

”(山瀬選手の)体幹が潰れてる”

 

 

トレーナー的な言い方をすると

 

 

『体幹が引き上がって無いので、

手打ちになっている』

 

 

という感じでしょうか。

 

 

それを無視して右打ちの練習をやらせても

 

 

バットが下から出る癖を

助長するだけです。

 

 

どんどん身体が回らなくなってきて、

だから力が入って手打ちになってしまいます。

 

 

ではどうしたら

 

 

”体幹を引き上げられるのか”

 

 

また、次回移行で説明していきたいと

思います!

 

 

ご質問はお気軽に^^

 

 

NEoスポーツ体幹メソッド

トレーナー

島田智史

 

——————————————

ライン@では身体の調整方法の

詳細をお伝えしてます^^

是非ご登録、よろしくお願いします^^

友だち追加