姿勢調整トレーニング MOGメソッド

阿部慎之助、中村剛也選手が言ってるからといって、そのまま選手に教えちゃダメ

こんにちは。最近は本当に情報という情報が

簡単にYouTubeで手に入りますね。

 

 

これだけ情報が簡単に手に入るのに、

それでもうまくいかないことが

多いのはなぜでしょうか?

 

 

読売ジャイアンツのofficialYouTubeで

阿部慎之助二軍監督が山瀬慎之助選手に

バッティングを教えているシーンがあります。

 

 

YouTube

読売ジャイアンツ チャンネル

 

 

 

その最初の方、

阿部慎之助監督が、山瀬選手に

バットの持ち方を指導しています。

 

 

『お前、傘、どーやって持つの?』

 

 

ここで山瀬選手が、『こーです』と言って

バットを持ち上げました。

 

 

もう少し、近くで。

 

 

分かりやすく赤で丸印を付けましたが、

 

この肩の感じ・・・

 

もっと分かりやすくいうと

肩の『上がり』を覚えておいて

下さいね。

 

 

この場面で阿部監督は山瀬選手に対して

 

 

『じゃあ(バットの位置は)そこでいーよ。』

 

 

と言って、お手本を見せています。

 

このシーン。

 

 

皆さん、お分かりですか?

 

 

この時点で、

 

 

『バットを傘を持つようにして構えろ』

 

 

というアドバイスが、

うまくいかないということを・・・

 

 

この二人の傘を持つ位置を比べてみましょう。

 

 

 

 

はい。もうお分かりですね?

 

 

阿部監督は傘を持つ時、

しっかり肩甲骨が下がって、

 

 

完全に脱力していて

 

 

広背筋、前鋸筋、腹斜筋が

繋がっているのに対して

 

 

山瀬選手の傘の持ち方は、

肩甲骨が上がっていて

 

 

肩や腕で傘を持っています。

 

 

この”体幹と連動していない状態”で

 

 

いくらやっても、なかなかうまくいきません。

 

 

この動画内では、山瀬選手のスイングは

改善されませんでした。

 

 

はい。山瀬選手。星稜高校。2019年巨人ドラ5。

高校生でのあのバズーカー。。。

 

 

間違いなくバケモノ。

 

 

そんな選手のことをどーこー言っっても

 

 

『お前ごときに言われたくない』

 

 

と思われるのは当然でしょう。

 

 

ただ、気づいてしまえば、本当に

簡単なことなのでここに書いてみました。

 

 

この動画だけでも、いくつもヒントが見えるので、

もう少し掘り下げてみたいと思います。

 

 

近々、もっと詳しい解説を動画で

配信したいと思いますが、

 

 

ここの部分に気づかず教えていて、

それでも選手がうまくいかない選手がいたら

 

 

少し伝え方を変えた方がいいかもしれませんね。

 

どのスポーツでもそうですが、

指導者の方を、本当に尊敬してます。

 

 

自分が同じことをやれ、と言われたら、

まず無理でしょう。

 

そして、たくさんの指導者の方々が、

とても勉強熱心なのも知っています。

 

 

だからこそ、

情報の”見分け方”を知っていると

 

 

とんでもない情報が無料で手に入り、

逆に間違った情報の取り方で、

 

 

相手の成長を止めてしまうかもしれません。

 

 

少しでもこの情報がお役にたててれば

と思っております。

 

NEoスポーツ体幹メソッド

トレーナー

島田智史