姿勢調整トレーニング MOGメソッド

やれ筋肉が育ってきたとか・・・やれ痩せたとか・・・そんな事じゃないんです。

こんにちは。

「雨が意外と嫌いじゃない」

NEoスポーツ体幹メソッドトレーナーの島田智史です。

 

 

”トレーニング”と聞くと、

すぐに

 

「筋肉」

 

 

というキーワードが頭に

浮かんでしまうのは

 

 

とても悪い癖です。

 

 

もう令和の時代なのですから

トレーニングに対するキーワードは

 

”筋肉”

 

 

ではなく

 

 

”骨”

 

 

にしましょう♪

 

 

こちらの変化を見て下さい。

 

 

 

はい。私です。

 

 

約5年前と今です。

 

 

分かりますかね?

 

この写真をみて、分かる人にはわかる。

島田が、どれだけポンコツだったかは。。(笑)

 

赤い丸で囲んである場所。

 

 

仙骨~腰椎という、腰の骨なのですが、

上の写真はまだ腰椎が正しい位置にないから

 

 

丸まってませんか?

 

 

それに比べて下の写真。

 

 

仙骨も腰椎も真っすぐ伸びてきました。

 

 

ちなみに、この部分の変化は

もろにスポーツのパフォーマンスに

直結することはもとより

 

 

ヒップアップにもろに直結します。

 

 

骨にこのような変化が起きると

贅肉の付く場所も変わってきます。

 

 

引き締まり方も変わってきます。

 

もちろん姿勢も変わってきますし、

フォルム全体が変わってきます。

 

 

これを見て大概の人は

 

 

「よーし!腰を伸ばす練習をしてやろう!

おりゃー!腰よ伸びろーー!!この曲がってる

部分を上から押してくれーーー!!」

 

 

ってなる。

 

 

だからいつまでたっても

変化がありません。

 

 

飛び出てるから押す・・・

 

 

そんな単純なら、こんなに多くの

人たちが困るわけがない。

 

 

原因を考えてみて下さい。

 

 

その骨は、押したから飛び出たのでしょうか?

 

 

いえ違います。

 

 

身体のどこかの場所が動かなくなってきたら

その代償として出てきたのです。

 

 

んならその動かなくなってきた場所を

動かせるようにしないと

 

 

変わるわけがありません。

 

 

んじゃあ、動かそうと思って

力んで、筋肉使って”おりゃー”

 

 

ってやって動きますか?

 

 

”力んだら身体は固まる一方”

 

 

これは誰が考えてもわかること。

 

 

だから、”脱力”なんです。

 

 

力を入れるのではなく抜く。

 

これでしか、骨は変わりません。

 

 

逆にこれができると、

早い段階で身体のフォルムが

 

 

変わってきてしまいます。

 

 

筋肉はつくまでに時間かかるけど

骨の位置は結構早くかわりますから・・・

 

 

ちなみに上の写真ように

腰が伸びなくて悩んでる

 

 

かつての僕のような人が

最初にやることは

 

 

膝の力を抜く

 

 

練習です。

 

 

元NMB48の山本彩(さやねー)さん

がむかーしやってた一発ギャグ、

 

 

”ひとり膝カックン”

 

 

を参考にしてみて下さい(笑)

 

あ、ほんとに見たい方は

LINE@で連絡下さいね^^

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

体験セッションはこちら↓

姿勢調整トレーニング MOGメソッド

トレーニングの詳細や最新情報については

LINE@で先行して配信しています♪

ご登録はこちら↓

友だち追加

 

 

▼QRコードはこちら▼

@xcs8712w